SIMロックフリーのiPhoneを準備する

通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMを利用することができます。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月に1000円程度ということも。

とりあえず、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。

そのような方は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、値段だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

よく読まれてるサイト⇒おすすめの格安SIMでテザリングしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です