手すり取り付け工事の見積り相場は?階段、廊下、玄関などで費用は違う

手すり取り付け工事の見積り相場は?階段、廊下、玄関などで費用は違う

手すり取り付けの価格は、取り付ける手すりの内容や使用する手すり、下地、そして現状などによって変わってきます。

数万円~が相場となるのが、手すり取り付けの価格です。

内装業者によっても取り付ける手すりの提案内容が違ってきますので、価格に差がでる可能性があります。

手すり取り付け工事の見積り相場は?

手すり取付け費用 玄関編

玄関は、手すりが取付けられる範囲が狭く、ある程度短い(1mくらい)手すりを取付けるケースが多いです。

長さ1m以内の手すりの取付け費用は、0.8~2.5万円(材料費・取付費用込)が相場となります。

手すり取付け費用 階段編

階段の場合は玄関ほど簡単ではありません。

1階~2階間の階段に沿って壁面に手すりを付ける場合の費用だと

  • 階段に曲がり角がある場合:5万円程度
  • 半円型のU字状階段の場合:8万円程度(壁の補強工事込み)

というのが一般的な相場です。

階段の壁側ではなく切り欠き側に、支柱や手すり子のある飾り手すりの階段への取付け費用は、約30万円からが相場と考えておいたほうが良いです。

手すり取付け費用 廊下編

家によって長さもまちまちな廊下ですが、手すりの取付費用は1mあたり1~3万円ほど(下地処理費込み)が相場とされます。

平均的な家の場合は、8万円ほど(材料費と工事費用込)でリフォームされているケースが多いようです。

手すり取付け費用 浴室・トイレ編

浴室の場合は3万円ほど(壁面の補強を含む)が相場になります。

トイレの場合は4万円ほど(専用手すりを設置した場合)からが相場です。

ただし、トイレは跳ね上げ式など複雑な形状のものもあり、それらを取付けた場合には10万円を超える費用がかかる場合もあります。

階段に手すりはつけるべき?

そもそも階段に手すりはつけるべきなのでしょうか。

階段の上り下りが大変だと感じる場面が増えてきたら、階段へ手すりを取り付けることをおすすめします。

階段での落下や転倒によって高齢の方がケガをすれば、そのまま寝たきりになるリスクもあります。

そもそも手すりを取り付ける理由

てすりをつける理由はたいてい危ないから、というものだと思いますが、以下のようなものがあります。

手すりをつける理由その1 安全面への配慮

高齢者が家庭内で転倒・転落する原因として、階段の段差でつまずく、滑るといったシチュエーションが多く見られます。

打撲や骨折から寝たきりに発展するケースもありますので、階段にとっさのときにつかまれる手すりを設置することは、事故防止に有効です。

手すりをつける理由その2 介護での必要性

足腰の筋肉が衰えている方にとって、階段の上り下りは大きな負担となります。階段の上り下りに自信を持てず、家での活動に消極的になってしまうこともあります。

階段の昇降をサポートする手すりがあれば、家の中での移動がスムーズになり、歩行訓練の助けにもなります。

手すりをつける理由その3 法律による取り決め

建築基準法では、床から1m以上の階段に手すりを設けなければならないと定めています。

法的に見ても階段の両側、もしくは片側に手すりがあった方が良いでしょう。

手すりはDIYで取り付けられるのか?

安定性のある手すりを取り付けるには、壁の奥にある間柱を見極めて取り付ける必要があります。

適当につけても体重がかかる手すりには強度が足りません。

特に介護の場面では、手すりへの負荷が高く、しっかり間柱に固定できないと壁が重みに耐えられず危険で、壁の破損や、ひどい場合にはケガにもつながります。

DIYでも取り付けようと思えば可能だと思いますが、安定性のある手すりを設置したいときには、やはり専門業者に依頼するのがおすすめです。

階段の手すりの取り付けにかかる費用は?

次に階段にフォーカスして取付費用を掘り下げます。

まず知っておきたいのは、一般的に、壁がない側へ「飾り手すり」を設置するオープンタイプは、手すり自体の値段が高額になるため、費用も高めとなります。

ここでは、壁側に手すりを取り付けることを前提とした費用の目安を見ていきます。

  • 直階段 約3.7~7万円
  • かね折れ階段(L字型階段) 約4.6~9万円
  • 折り返し階段(U字型階段) 約7.5~10万円

上記は手すり代、工事費込の費用で、概ねこのような費用感になっています。

それぞれの詳細を見てみます。

直階段の手すり

真っ直ぐ上に伸びるオーソドックスな形状の直階段では、比較的費用が抑えられます。
手すりや金具、取り付け工事費を含めて、3.7~7万円が目安です。

間柱に金具の取り付けが可能な場合と、それができずに補強が必要な場合とでは、かかる費用に差が出ることもあります。補強が必要な場合は当然ながら費用が高くなる傾向にあります。

かね折れ階段(L字型階段)の手すりの場合

途中に踊り場があり、L字型に曲がった階段は、かね折れ階段(L字型階段)と呼ばれます。踊り場部分の長さが増えることもあり、直階段と比べれば費用が高めの傾向です。

材料費、工事費込みで、費用の目安は4.6~9万円となっています。下地の補強が必要かどうかでも料金は変わってきます。

折り返し階段(U字型階段)の手すりの場合

かね折れ階段と同様に踊り場があり、U字型に折り返した形状で設置された階段のことです。折り返す分、より長い手すりが必要となります。

費用の目安は、材料費、取り付け費を含めて7.5~15万円です。

以上が階段に手すりをつける場合の費用の詳細でした。

廊下に手すりを取り付ける費用

次に廊下に手すりをつけるときの費用を掘り下げます。

廊下に手すりを取り付けるには、手すりの大きさや長さによって異なりますが、1メートルあたり約5000円~7000円が価格の相場です。

手すりには樹脂製や無垢材、ステンレス製などがあり、グレードが高いものだと1メートルあたり2万円を超えるものもあります。

廊下の手すり工事は下地の補強が必要な場合がある

廊下のてすり工事で忘れてはならないのが、下地補強です。

手すりに体重をかけることになるため、下地の状態によっては補強工事が必要な場合が出てきます。

下地の工事費用の相場は約2万~3万円です。

さらに、下地の補強の際に壁紙やクロスを破ることになるので、修繕費がかかることになり、修繕費の相場は1カ所につき約2万~3万円となります。

また、下地の補修により廃材が発生するため、廃材処分費として約1万~2万円が請求されることがあります。

廊下の手すり工事は廊下の拡張工事が必要になることがある

また、廊下の手すり工事の場合は、拡張リフォームが必要になる場合があります。

手すりを取り付けることで車椅子が通れなくなる場合は、併せて廊下の拡張リフォームが必要になります。

例えば手すりを取り付けることで車椅子が通れなくなるような場合もあります。

廊下の拡張リフォームともなると、壁を壊す大がかりな工事が必要になってくるることもあります。

範囲によりますが、約30万~100万円はかかる可能性があると考えておいたほうが良いです。

廊下の拡張リフォームと言っても、廊下だけでなく廊下に面している部屋側の壁も補修する必要が出てくるため、工事期間中は不便な思いをすることになるかもしれません。

手すりの工事に補助金は使えるのか?

手すりの取付は福祉に関連する改修とみなされるため、自治体によるバリアフリーリフォーム補助金制度や、介護保険が適用されます。

リフォーム減税

リフォーム減税とは、高齢者や要介護・要支援の認定を受けた人、障がい者やそのご家族がご自宅のバリアフリー改修工事を行った場合に、あらかじめ定められた控除対象限度額を上限として、10%の控除が所得税から受けられる制度です。

控除額を引いた合計50万円以上のリフォームであることが要件となりますので、手すりの取付け以外にもバリアフリーに関するリフォームをセットで行う場合に使えます。

要件は他にも

  • 住宅の居住・所有者が50歳以上
  • 世帯の合計所得が3000万円以下

などありますので、事前にチェックしておきましょう。

介護保険の住宅改修制度

要介護・要支援状態と認定を受けた場合、ご自宅で指定のバリアフリーリフォームを行うと、かかった費用のうち20万円を上限とした9割が助成される制度です。

介護保険に加入している方(満40歳以上の方全て)が対象です。

事前に役所へ申請の届け出が必要で、リフォームしてしまってから助成を受けることはできません。

各自治体による助成金制度

お住まいの自治体によっては、高齢者・障がい者の自立支援を促すため、バリアフリーリフォームに独自の助成制度を設けている場合があります。

介護や自立支援のためのバリアフリー化で手すりの取付けを検討している場合、まずは役所へ相談してみることをおすすめします。

Tipsカテゴリの最新記事